• 更年期のHAPPYライフスタイル

    ~更年期を愉しく快適に過ごしていますか?~

    更年期世代(閉経を挟んだ前後5年、およそ計10年間)の体調不良について…

    未だに「気の持ちよう」と言ってのける、それも持論で強引に完結させる人がいることに、少々苛立ちを覚えます。

    コレ!他人ならまだしも、パートナーや親に言われたものならどれ程辛いことか。

    自分の状態を受け止めて、前向きに対処するという意味では「気の持ち方」は大事です。

    私も、更年期を「愉しく快適に過ごす」ために、現在、更年期症状が出ている人や今後の不安を抱えている人に〝気持ち”の部分で力になれることにフォーカスしているのは確かです。

     

     

     

    でもそれは、更年期症状・更年期障害を発症している、あるいはプレの自覚がある方々に「治療」を勧めた上で、「治療」だけで重荷にならないようにという意図があってのこと。

     

     

     

    すでに身体のあちらこちらに何らかの症状が出ている方に「気の持ちよう」で何とかなる、などと、本人しかわからない辛さを否定するような言い方は避けてもらいたい。

     

     

     

    私はプレ更年期と言われる、まだ閉経する年ではない時期に更年期症状と同様の体調不良を経験しました。
    ストレスでホルモンのバランスが崩れたことから自律神経に影響を及ぼし、めまいや不眠、倦怠感で思うように身体が動かない状態に、本来の生真面目さが災いして「家事もまともに出来ない自分」に対し、自責の念で「うつ状態」にまで陥りました。

     

     

    もちろん、自分で「しんどい時は家事も手を抜けばいい」と思うように持っていけたらいいのですが、その人の性格や普段の生活習慣等でなかなかそうはいかないこともあるのです。

     

     

    それがホルモンのバランスが崩れて自律神経に影響を及ぼしているとなると、自分では感情をコントロールできなくなってしまうため、そうなるとやはり、婦人科を受診して治療する必要があります。

     

    これはプレに限らず、本チャンの更年期で症状が出てしまった場合も同じ。

     

    私が、本チャンが来た!と自覚したのは2年ほど前のこと。
    季節、場所、時間は関係なく突然、身体がカーッと熱くなり(のぼせる)大量の汗が噴き出したかと思うと、短時間でスーッと引いて、今度は寒気がする、ホットフラッシュという症状が出た時で、これが日に数回起きるようになったため、婦人科を受診し、検査の結果、ホルモンの数値が下がっていたため、ホルモン補充療法受けることにしました。

     

    こんな風に、実際に身体に何らかの症状が表れて、検査結果でその数値がはっきり出ていたら、治療を受けるのが望ましいと思います。

     

     

    治療で体調が整ってこそ、後の「気の持ちよう」にも効果が出て来る。
    言い方を変えれば「更年期の辛い症状にはちゃんと原因があって、婦人科を受診すればそれがわかり、さらに治療をすることで改善される」のです。

     

     

    そうして体調が整うと、前向きな気持ちにもなれる。
    もしかしたら自分もそうなのかな?と気になるけれど、誰に聞けばいいのかわからない、いきなり婦人科も行きづらい…と1人で悩んでいたら、経験者に話してみることで、解決策は見つかりますよ。

     

    何気に話すだけで、思いを伝えるだけで、すごく楽になることもあるんですよね (^^)
    もちろん、私も力になりたいと思っています!

     

    最後までお読み下さりありがとうございました。
    明日もHAPPYな1日となりますように!!


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です